タミヤ 1/24 スープラ 製作記 その2

シェアする

3ヶ月ぶりの更新!

春からなんだか忙しい毎日で、更新がままなりませんでした。。。3ヶ月も空いてしまったけれど、ぼちぼち再開していきたいと思います。

ということで、スープラの製作記 その2をお届けします。すべてiPhoneで撮影しているので画質の悪さはご容赦ください。

ダンパーとコイルの塗装

ビルシュタインっぽさを出すため、ダンパーはゴールド、コイルはブルーに塗装しました。でも、組み立て後はほとんど見えなくなっちゃうんですよね…w

ブレーキとホイール/タイヤ

ブレーキキャリパーを赤にして雰囲気アップ。ホイールは指外のガイアカラー、スターブライトアイアンで塗装しましたがいい感じになりました。

ボンネット&シート

ボンネット裏の押し出しピンと、シートのヘッドレスト背面をエポパテで埋めます。シートバック裏も塞ぐべきなのですが、手抜き(^_^;)

リアサスペンション

リアサスは説明書通りに塗装&組み立て。タミヤらしくパチピタ・・・といいたいところですが、一箇所あれれ?なところがありました。(この時点ではまだ気づかず)

エンジン

エンジンも説明書通りに塗装と組み立て。ツインターボの搭載位置とかがわかりますね♪


ボディ塗装の下地作り

そしてボディの塗装に取り掛かります。ヤスリ掛けは終わっていますので、まずはサーフェイサーを吹き付けます。

が、、ダマを作ってしまったのでIPAに漬けてサフを剥離、もう一度やり直します(汗)

IPAってなに?

IPAとはイソプロプルアルコールのことで、アルコール類の一種です。工業用の洗浄剤として使われているようですが、プラモデルも塗装を剥離させることができる便利な溶剤になります。とはいえ、プラスチックの種類によってはIPAに犯されてしまう場合もあるようなので、注意してください。可能なら、事前に余分な部分を漬けて確認したほうがいいかもしれません。私はガンガン突っ込んじゃいますけどね(^_^;)

なお、IPAは自動車のガソリンタンクに入れる水抜き剤としてホームセンター等で入手できますよ!

サーフェイサーを剥離したあと、再度ボディ塗装に取り掛かります。ボディカラーで悩みましたが、今回はキャンディカラーに初挑戦したいと思います。うまく塗装できるのかな?乞うご期待!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする