iMac専用のUSBハブを購入しました!|SATECHI USB-C CLAMP HUB PRO|USBハブ

シェアする

iMacの数少ない弱点。それは各種ポートへのアクセス!

昨年秋にiMacを購入してからはとても快適なMacライフを過ごせるようになっているのですが、数少ない弱点?があります。

それは何かというと…、各種ポートが全て本体の背面に集約されているということです。

極限まで無駄を省いたiMacのデザインですので仕方のないところではありますが、USBの周辺機器やSDカードを使う際に背面ポートへのアクセスがちょっと、というか結構面倒くさい感じがしますよね。表から手探りで挿そうとしてもなかなかうまくいかなくて、背面を覗くために立ち上がったりiMacをずらさなければならなかったりと、iMacユーザーの皆さんは同様の悩みをお持ちかと思います。

一般的なUSBハブを使えばある程度はその不満も解消されると思いますが、ケーブルで接続するので、今度は邪魔くさく感じてしまうこともあるでしょう。

そんな諸々をほぼ解消してくれる商品を見つけました。
それが、今回ご紹介する SATECHI CLAMP HUB PROです。

SATECHI CLAMP HUB PRO ってどんな商品?

SATECHI CLAMP HUB PRO は iMacの下にあるスピーカーグリルに固定できるポートリプリケーターです。iMac本体との接続はThunderbolt 3を使います。

商品詳細

実装されているポートは、USB 3×3ポート、USB-Cx1ポート、SDカードスロット、microSDカードスロットが各1つずつです。iMac同様アルミ筐体になっています。仕上げは悪くありませんが、それなり、ですね^^;

本体上面のツメ

本体上面には黒いツメがついています。ここを、iMac本体の下面にあるスピーカースロットに差し込みます。

ツメの他にダイヤルがついています。これを回すと4枚あるツメのうち、内側の2枚のツメが斜めに傾きます。写真だとわかりにくいくらい、わずかな傾きです。

iMacへの取り付け

傾けたツメは一旦もとに戻してから、スピーカースロットに差し込みます。それだけではすぐに抜け落ちてしまうので、ダイヤルを回して固定させましょう。

続いて、本商品から出ているケーブルを、iMac背面のThunderbolt 3ポートと接続します。

これで商品前面のLEDが青く点灯すれば接続完了です。

取り付け後

取り付け後はこのような感じになります。ちょっと写真が良くなくて申し訳ないですが、目立ちすぎず、いい感じの見た目に収まっていますね。

スピーカー音には影響しないの?

スピーカースロットに取り付けるので、多少なりと聴こえ方に影響があるかな?と思っていましたが、私の耳では変わりないと感じています。気になる方もいらっしゃるかもしれませんが、ご参考まで。

対応機種にご注意を!

Thunderbolt 3ポートを実装したモデルにしか対応していませんので、ご注意くださいね。

・iMac 2017モデル (4K/5K)
・iMac Pro

この商品のおかげで、USB機器、SDカードの取扱が本当に楽になりました。iMacユーザーの方には是非おすすめしたい商品です。

こちらから購入できます!