Bluetoothコンパクトスピーカーを購入 その②

シェアする

前々回のエントリでは、VTINのBluetoothスピーカー購入のお話を書きました。

手のひらサイズなのに立派な鳴りっぷりで、いい買い物したかも!などと思っていたのですが…。

VTINのスピーカー購入のわずか6日後に、当初買う予定だったEWAのスピーカーがAmazonのタイムセールで売り出されておりました!!

価格はなんと1,199円。通常は1,999円ですので、800円引きと、凄まじいくらいの割引率です。(2018年7月27日時点の価格です)

説明書を見ると、コンパクトなエンクロージャーにぎっしりとスピーカーの部品が詰まっている感じ。


ということで、1秒だけ悩んでポチってしまいました。

VTINを買ったばかりというのに・・・(笑)

EWA A106 ワイヤレス Bluetoothコンパクトスピーカー

Amazon primeに加入しているので翌日には到着。直径4.8cm、高さ3.9cmと、たしかに非常にコンパクト。重量は175gですが、223gのVTINよりも重く感じます。


VTINとの大きさの比較。


iPhone SEを並べると、EWAのコンパクトさがよく分かるかと思います。

インタフェースは充電用のUSBポートのみです。ボタンがスイッチです。機器接続中は青色、充電中は赤色に点灯します。VTINは充電しながらも音を鳴らすことができましたが、EWAはできませんでした。

バッテリー容量は500mA。満充電には2時間必要で、最大6時間再生が可能とのことです。

音質は・・・

まず感じるのが豊かな低音。この小さなエンクロージャーで、よくぞこんなにしっかりした低音がだせるものだなという感想。

低音がしっかりしているだけに、中高音はやや控えめに聞こえます。が、淀みなくクリアな質の音で素晴らしいです。特にポップスのボーカルはとても生き生きとした音で、聴くほどに引き込まれそうです。

またVTIN同様、ボリュームを上げても音が割れることがなく、アウトドアでも十分楽しませてくれるでしょう。

EWAとVTINの音質比較では、EWAに軍配かな〜。(個人的な感想です)

なお、EWAにはソフトケースも付いていました。カラビナもついていて、カバンにぶら下げることもできます。これだけでもお得感が相当にありますね。

しかししかし、早速カバンにぶら下げて見たのですが、その日のうちにカラビナを通す部分が取れてしまいましたw 縫製が弱いなーと思ったのですが、やっぱり・・・という感じでした(^_^;)

おまけ:Bose Soundlink Wireless Mobile Speakerとの比較

Bose Soundlink Wireless Mobile Speakerも所有しておりますので、当然聴き比べしてみます。

Boseらしく、重低音といってもいいくらいの低音の鳴りっぷり。相対的に中高音が弱く聴こえます。EWAと似た音質でしょうか。

しかし、Boseの真骨頂はボリュームを上げたとき!ある程度以上の音量にすれば音が破綻するどころか粒子感が精細になり、他では得られない高質感の音を鳴らしてくれます。いや〜、やっぱりBoseの音は好きですね〜。

とはいえ、高級品であるBoseの音がいいのはあたりまえ。

Boseの1/30の価格で買えるEWAは、ベストコスパのBluetoothスピーカーとしておすすめです!!!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする