Noble FALCON用アプリ「Noble Sound Suite」をインストールしました!|完全ワイヤレスイヤホン

シェアする

Noble Sound Suite

Noble Falconのアップデートに伴い、専用コントローラーアプリ「Noble Sound Suite」が利用できるようになりました。

FALCONをアップデートした後、こちらも早速インストールしてみました。

iPhone / iPad向けは App Store から、Android向けは Google Play からダウンロード可能です。

本記事のご紹介はiPhone版となります。

アプリとFALCONをペアリング

FALCONをスマホ接続してアプリを起動します。

すると最初に、アプリがFALCONを探します。

画面上には「FALCONとスマホを50cm以内に近づけてから」とあります。

ですが、FALCONを耳につけスマホを手に持ったくらいの距離ではアプリがFALCONを認識しませんでした。

うまく認識できないときは、FALCONとスマホをより近づけましょう。

ちなみに認識できなかったときは、このような画面が表示されました。

アプリ画面

アプリのトップ画面です。

上部にはFALCONのバッテリー容量が表示されています。

右側にはメニューアイコンが並んでいます。それぞれの機能を見てみましょう。

その他設定

ここでは、アプリの表示言語の選択と、ファームウェアバージョンの確認ができます。

言語で選択できるのは「日本語」と「英語」のみでした。

ボタン設定

FALCONは本体のボタンで動作をコントロールできます。

この画面ではそのボタンによる動作設定をカスタマイズできます。

割当できる動作は「音量の上げ/下げ」「曲送り/戻し」「再生/一時停止」のいずれかです。LRそれぞれで設定可能です。

EQ設定

このアプリで期待の大きかったのがイコライザー機能でしょう。

このアプリには音楽再生機能がありませんので、イコライザー画面を開くにはあらかじめ音楽を再生しておく必要があります。

音楽再生しないでEQ設定画面を開くと、このように表示されてしまいます。

イコライザー画面はこのようになっています。設定は3つまで保存可能ですね。

ただ、プリセットが用意されていないのは残念ポイント。

また音楽再生のアプリ側でもイコライザー機能が搭載しているものがありますので、EQ設定は使わないかな・・・?

ファームウェア更新

ファームウェアの更新をこのアプリからできるようになります。

Ver.2へのアップデートはすこし手順がかかりましたので、嬉しい機能追加です。

ちなみにアイコンをタップしたら、このような表示になりました。最新バージョンにアップデートしたばかりですからね〜。

以上、Noble Sound Suiteの簡単レポートでした。

EQ設定でプリセットが用意されることを期待してますね〜!>Noble様