ハセガワ 1/12 SUZUKI GSX-R750 製作記 その0

シェアする

ハセガワ模型から「1/12 スズキ GSX-R750」が発売されましたので、製作していきます。

スズキ GSX-R750はナナハンの本格レーサーレプリカとして初めて登場した有名なバイクです。いままでどのメーカーもキット化していなかったですが、ハセガワ模型がキット化したということで発売日に早速購入してきました。

ハセガワ GSX-R750のパッケージイラスト

とその前に、まずはパーツを見ていきましょう。

ほぼ全てのパーツ構成はこんな感じです。

パーツ全容

エンジン関連がメインのパーツ群。

エンジン関連がメインのパーツ群

油冷エンジンの美しいフィンが、薄く縒れることなく綺麗に再現していますね。
カバーで見えなくなるけれど、クラッチもきっちりモールドされています。

油冷エンジン特有のフィンが美しいです

ヘッドのフィンもバッチリ。完成後は見えなくなってしまいますが…。

ヘッドのフィンも綺麗です。

クラッチカバーにあるSUZUKIの凸ロゴも、とてもシャープな仕上がり。はっきり読み取れるほど繊細なモールド。

クラッチカバーのSUZUKIの文字もはっきり読み取れます。

キャブレターも精密に再現してます。

キャブレターも細かい!

フレームなどのパーツ群。

フレームなどのパーツ群

リアブレーキやスタンドも抜かりなし。

リヤブレーキやスタンド

ラジエターのオイルラインもスケールに見合った細さなので、組み立て時は十分気を付けねば。。

ラジエターのオイルラインも細い!

エキパイとサイレンサー。遮熱版は別パーツです。

エキパイとサイレンサー

チェーン、スプロケとフロントブレーキ周り。

チェーン、スプロケ、ブレーキ

キャリパーは実車さながらの分割式です。ここまでやりますか〜!?

キャリパーもディテールが細かい!

ブレーキディスクのドリルホールは成形段階で空けてあります。

ピンバイスで空けなくていいのは楽チンすぎ!

ブレーキディスクもドリルホールも貫通済み

フロントカウル。スクリーンはもちろん別パーツ。

フロントカウル

シャープな成形です。

シャープな成形です

メインカウル。

メインカウル

タンクとかシートカウルなど。タンク裏も再現してますね。。。

タンクやシートカウルなど

クリアパーツ。

クリアパーツ

歪みはほとんど見られません。また十分薄く成形されています。

歪みがほとんどありません。薄さも上々。

タイヤ。

タイヤ

バリもないので、ヤスリかけなどせずにそのまま使えそうです。

バリもありませんでした

デカール。濃淡青のラインだけデカールで用意されているので、ベースの青と白を塗る必要があります。ナンバー用のデカールは細かすぎのような。。。

デカール

ちなみにベースの青はFS15044指定。軍用機カラー!
サンダーバーズ用のブルーみたいです。

指定塗料

以上がパーツのご紹介です。

サクッと作れるかと思っていましたがパーツがかなり細かく分割されているので、私だと時間がかかりそうです。

ということで、次回から製作にとりかかります。

年内に完成させられたらいいな〜!?